Liebe & Pepe's Room

お薬が♪

金、土曜日と朝から夕方まで預かりで検査を受けたりーべ。
徐脈性の他に多源性不整脈というのまで見つかりこれまたやっかいな事らしくもう少し時間をかけて検査を進めていこうと考えていらした先生焦って特効薬を探し出してくださいました!!
ワンには珍しい症状でぴったりの薬がないらしく人間ならペースメーカーを入れれば済む事らしいのですが。。。
手術の麻酔をかける時にその前に使う薬だそうです。
注射をしなければならないのですが。

まず1日最低4回位りーべの心拍数、症状を記録。
心拍数40以下で症状がある時注射を打つ事に。

院長先生から心拍の数え方を教わりますががリーべママどんくさいのか上手く出来ません( ̄Д ̄;;
聴診器を使うとあっ、これなら大丈夫!!
って事で貸してくださる事に。
でも上手く出来るように練習していかなければなりません。
今日何とか後ろ足の付け根に手をあて出来るようにσ(^_^;)

注射は背中に打つのでこれは割と簡単に生理食塩水で2回程実践。
りーべも平気そうでした。

調子が悪い時の処置が自宅ですぐ出来るようになったので一安心して帰宅でした。
この注射で5時間くらい心拍が上がるのです。

帰ってから早速リーべの健康手帳を作りました!!
今日はふらつきも無く調子が良かったのでカミカミするだけのボール遊びを2回程♪
りーべの目がキラキラ輝いていました(^▽^)/

1歳の時、急性骨髄性白血病になり3ヶ月の化学療法で完治とはいかないまでも寛解に持ち込み半年間副作用で苦しい時期もありましたがその後とっても元気に普通のワンちゃんと同じように生活出来るようになり再発だけを恐れていましたがまさか心臓が悪くなるとは。。

正直な所、今回はどうやって戦っていけばよいのか分からずただ安静にするだけの散歩も出来ない好きなボール遊びも出来ない生活。。
りーべにとってQuality of life を考えると寿命だと思って自然に任せるしかないのかと諦めかけ、ため息ばかりの数日でした。

でも院長先生が一生懸命色々悩んで少しでもりーべが快適な生活をおくれるように考えてくださり諦めない姿勢を目の当たりにしてリーべママも少し強くなりました。

他のワンより年の取り方がちょっとだけ?早いと思う事にして生活していこうと!!

お気にかけてくださり暖かいお言葉を頂いた皆様、感謝の気持ちでいっぱいです!!
ありがとうございました!!
これからは前向きに(^_-)-☆

といっても抱っこ散歩と寝てばかりのりーべですが
f0001895_2149250.jpg

ぺぺはちょっと退屈そう(眠いだけ?)
f0001895_21544382.jpg

[PR]
by kyasuko2 | 2006-08-20 22:00